【計算が苦手にはワケがある】算数障害とは?その特徴や対処法を解説!

「子どもはもうすぐ中学生なのに、まだ算数がまともに出来なくて困る…」など、子どもが算数を苦手としていることに悩む方は少なくありません。

それを”努力不足”と決めつけてしまう方も多いですが、もしかすると「算数障害」かもしれません。

さんさん
実は50人に1人が算数障害に苦しんでいる、という話も!

ここでは、算数障害とは何か、その特徴や親がするべき対処法について解説していきます。

算数障害とは?

算数障害とは、小学生の段階で足し算や引き算などの四則演算、数の考え方への理解が非常に遅いことを指します。

学習障害の一種とされており、算数障害のある子どもは少なくありません。

 

「読めない(読字障害)」「書けない(書字障害)」とならんで、「計算できない」ことを指す言葉で、「数が数えられない」「時計が読めない」といった特徴がみられます。

算数の知識・理解を応用するような場面、例えば中学受験をさせたりする予定が無いのであれば、過度に気にする必要もありません。

 

他にもいくつかの特徴が存在します。

  • 九九が覚えられない
  • 数字が理解できない
  • 数えるときに飛ばしてしまう
  • 四則演算の+や-などの記号も理解できない

小学校低学年のうちはできないこともいくつかありますが、小学校高学年になっても上記のことが改善しない場合、算数障害がある可能性を考えましょう。

 

すうこ
コメント数字が理解できないってどういうこと?
さんさん
「いち」ときいて「1」が思い浮かばないことです。

一般的に「いち」と聞けば、多くの人は数字の「1」を連想します。

しかし、算数障害の子どもの場合はこういった連想ができないのです。

同じように四則演算で用いられる「+」や「-」の記号の理解も遅れるので、「いちたすいち」と言葉で言っても、それを1+1と理解するのに手間取ってしまいます。

このように、算数で学ぶような概念のすべての理解が困難、もしくは遅れるのが算数障害です。

学校ではどのように対処される?

算数障害は数字を扱うことで判明する学習障害ではあるものの、就学前に気づくのは難しく、算数障害を知らぬまま親が学校に入学させるケースも少なくありません。

では、もし就学後に算数障害が発覚した場合、学校ではどのように対処してもらえるのでしょうか。

 

基本的に学校側の対処法はさまざまで、これといって決まったルールや規則もありません。

一般的に計算が苦手な子には電卓の使用を許可したり、専用の学習ツールを用意されたりといったように対処されることが多いです。

一方、小学校は義務教育課程であり生徒数も多いことから、「算数ができなくても問題はない」とし、家庭内での支援を促すだけで学校側として対処しない場合もあります。

算数障害の有無も専門機関で検査することがほとんどなので、学校側に特別な対応を期待するのはあまり得策とは言えません。

 

また、学校側がどのように対処するかは、担当する先生によって決まる部分が大きいです。

算数障害に理解があり、電卓の使用などを許可しながら算数への理解が深まるよう支援する先生も多く存在します。

しかし、一方で「努力が足りないだけ」と一蹴し、算数障害について認めようとしない先生が担当してしまうかもしれません。

子どもにとって身近なのは先生ですから、まずは先生に算数障害のことを相談してみるのが良いでしょう。

さんさん
大切なのは、親が子供の異常に早く気づいてあげること!

親がするべき対処法

学校での学習はもちろん、家庭内での対処も算数障害の改善において重要なポイントです。

まず親がすべきなのは、「算数障害について、しっかり理解する」というもの。

 

そもそも親が算数障害に理解できていなければ、最適な対処法を実践することも難しくなります。

インターネットや書籍などを用いて、基礎知識を得た後、専門機関からアドバイスをもらって理解を深めていきましょう。

 

また、子どもの算数障害について向き合うことも大切です。

特に中学受験を希望する親の場合、子どもの算数障害に向き合えず、無理に理解させようと勉強を強要してしまうケースもあります。

これだと、子どもがさらに算数に対して苦手意識を持つようになってしまいます。

基本的に”褒めて伸ばす”という教育方針が、子どもの算数障害改善を手助けするのです。

 

ただ、苦手だからといって放置しておくのは心配ですよね。

算数は計算だけでなく、イメージする力、立体感覚など、いくつかの要素が組み合わさった学問です。

子供の得意なことに注目して、伸ばしてあげることが大切。

 

数の概念が理解できない場合が多いので、普段の遊びの中で数を意識するような取り組みをしてみましょう

参考: 【塾に行くより効果的!】幼児期に算数嫌いにならないための親子遊び6選

算数障害にうまく対処してあげよう

算数障害は、どれだけ勉強しても算数が中々得意になれないものです。

そのため、「苦手なんだから勉強しなさい」と勉強させた結果、成果が出ず落胆してしまう親もいます。

しかし、しっかりと算数障害に向き合って対処してあげれば、ある程度の計算・数の認知ができるようになります。

小学校では算数ができなくても、中学生になる頃には算数ができる子どもに成長する可能性も、十分にあるのです。

さんさん
計算ができなくても未知の才能を見出された、という話もあります。子供の才能を信じましょう。