【塾に行くより安くつく!】自宅学習で算数が超得意になる!おすすめ通信教材3選

  • 中学受験をするかもしれないから算数は得意になってほしい
  • でも小さいころから塾に行かせるのはちょっと・・・

「算数力が大事」とはいうけれど、遊んでばかりで自然に算数ができるようにはなりませんよね。

 
すうこ
もちろん、遊びの中で算数に触れるのは大事なのよ!
 

公文にいってる子は計算がすごく早くて焦るけど、計算が早いと算数が得意、というわけじゃないんだよね。

  • 外遊びだけでは算数は得意にならない
  • 計算が早いだけでは算数は得意にならない

中学受験に対応できるだけの算数力をつけるには、プラスアルファの学習が必要です。

塾に通うのが一般的ですが、塾って高いですよね。

うちは田舎なので小学3年生くらいから月々1~2万、学年があがったり、夏季・冬季講習などで値段はあがります。

有名どころである「四谷大塚」を例にだすと、6年生で授業料が年間80万ほど、長期休暇の講習を合わせると、年間130万ほどかかります。

一般家庭は手が出せない金額・・・

しかし、小さい頃からしっかり遊び、家庭学習で積み重ねていえば、塾に通わなくても中学受験に挑むことは可能です。

 
すうこ
でも家庭学習って何をしたらいいのかわからない・・・
 
さんさん
効果的な通信教育教材を使おう!

通信教育なら、月額の負担も塾よりずっと少なく、幼児のころから無理なく算数脳を作っていくことができますよ。

算数に関しておすすめの通信教育を3社はこちら。

  • RISU算数
  • Z会
  • 進研ゼミ(ちゃれんじ)

以下で特徴をご紹介します。

RISU算数

RISU算数は、算数に特化したタブレット教材で、教育熱心な家庭に人気のある通信教育です。

ポイント

  • 学年関係ないので復習も先取りも自由
  • 学習データを分析して個別に問題を配信
  • レッスン動画も配信される
 
さんさん
復習タイミングやほめるタイミングで適切な動画を送ってくれるからモチベーションを保ちやすい!

体験して感じたこと

  • 余計なゲームがないので算数問題に集中できる
  • 親へ進捗メールが届くので子供の実力を把握しやすい
  • 幼児でも小学生の算数に取り組むことができる
 
さんさん
できる子はどんどん先取りできるので、受験対策したい子には最適!

いまいちなポイント

  • 算数しかない
  • 料金システムがわかりにくい
  • ポイントでもらえるプレゼントが微妙
 
すうこ
算数しかないのに高いお金は払いたくないな・・・
 算数しかないの?国語や英語も一緒に学べるといいんだけど・・・
「算数しかない」のは逆にメリットになることも。算数は特に苦手になりやすい教科なので、早くから身につけておいた方がよいのです。たくさんのことを一度にできない子は特に、算数だけでも取り組んでおくことをおすすめします。
料金システムがわかりにくいのが不安。たくさん請求がきたらどうしよう・・・
毎月の取り組んだ分に合わせて請求がくるので、「今月いくら請求くるか」がわかりにくいですね。しかし、上限金額(8,980円)は決まっているので、安心してください。

☆RISU算数の料金☆

月平均クリアステージ数料金
1.0未満0円
1.0以上~1.3未満980円
1.3以上~1.5未満1,480円
1.5以上~1.7未満1,980円
1.7以上~2.0未満2,980円(平均)
2.0以上~2.2未満3,980円
2.2以上~2.5未満5,480円
2.5以上~3.0未満6,980円
3.0以上8,980円

※上記の月額に加えて、利用料(1年分)29,760円が必要です。

小学校6年間の算数がおわれば、中学受験クラス(月額料金プラス1,980円)に進みます。


ポイントをためても大したプレゼントがもらえないなんてモチベーションが下がりそう・・・
プレゼントの中にはiPhoneもあるのですが、250,000ポイント貯めないともらえません。ちなみに、「スペシャル鍵」というスペシャル問題が配信されるための鍵は、最低1200ポイント。
RISU算数を幼児期からすることはできないの?
年中から取り組める「RISUきっず」があります。すべて終えると、自動的に「RISU算数」に移行するので、どんどん先取りできます。
☆RISUきっずの料金☆
利用料(1年分)29,760円のみ(月額2,480円相当)

Z会

Z会は難関中学受験にも対応しており、専科で作文などの対策もできるので、総合的な学力アップにおすすめです。

ポイント

  • 幼児教材は遊びの中で算数力を身につけられる体験学習が魅力的
  • 難易度は高めで、Z会だけで難関中学受験に対応できるだけの力が身に付く
  • 従来型の紙教材とタブレットコースがあり、タブレットコースでも紙の添削課題がある

体験して感じたこと

  • 付録は少なく必要最低限の教材で、学習に集中しやすい
  • 解答解説が充実していて、親が子供に指導するポイントも書かれている
  • 難易度の高い発展問題があり、解いたときの達成感を得られる

いまいちなポイント

  • 難しくて挫折しやすい
  • 一般的な通信教材と比べて高い
  • シンプルなので子供のモチベーションを保ちにくい
難しすぎて挫折したら、もったいないんじゃないの?
過去に「Z会挫折した」という方は私も含め、中学生から始めた人が大半だったりします。Z会は年齢が低いうちから始めれば、徐々に力がついてくるので、小学生までに始めるのをおすすめします。
 
さんさん
一括払いで申し込んで1か月で辞めても、残金は返ってくるので安心してね。
値段が高いのなら塾の方がいいんじゃない?
Z会の値段の高さの秘密は、1教科につき添削課題がついており、先生が丁寧に添削してくれること。また、質の高い問題がつまっているのが特徴です。塾よりも安く質の高い教材に触れられるので、値段相当の価値があります。
 
さんさん
Z会には、幼児コース、小学生コース、小学生タブレットコースの3種類あるよ。

☆Z会幼児コースの料金☆

年齢12ヶ月一括払いの場合の月額毎月払いの場合の月額
年少1,870円2,200円
年中1,870円2,200円
年長2,431円2,860円

☆Z会小学生コースの料金☆

学年(教科)スタンダードハイレベル
1年生(国・算・経験)3,927円4,301円
2年生(国・算・経験)4,301円4,675円
3年生(国・算・理・社)5,068円5,442円
4年生(国・算・理・社)6,004円6,378円
5年生(国・算・理・社・英)8,140円8,888円
6年生(国・算・理・社・英)8,370円9,118円

 (※すべて12ヶ月一括払いの場合の月額料金)

☆Z会小学生タブレットコースの料金☆

学年12ヶ月一括払いの場合の月額毎月払いの場合の月額
1年生2,992円3,520円
2年生なしなし
3年生5,984円7,040円
4年生6,451円7,590円
5年生7,012円8,250円
6年生7,480円8,800円

(※6年生は2月までの11カ月分一括払いになります。)

Z会小学生コース3年生以上の場合、1教科からの受講もできるので、特に伸ばしたい分野だけ申し込む、という取り組み方もできます。

付録がないから子供が飽きてしまうんじゃないの?
 
Z会はシンプルなつくりで、副教材もあまりありません。向き不向きがありますが、学習習慣がついていて、親子で一緒に問題に取り組む環境を整えることができるのなら、シンプルな方がよいと考えます。

ベネッセの通信教育(進研ゼミ・こどもちゃれんじ)

しまじろうで有名なこどもちゃれんじは小学校入学前の子におすすめ。

小学生からは進研ゼミ小学講座にかわりますが、少し勉強が苦手な子には、楽しく学べる工夫がたくさんあるのでおすすめです。

ポイント

  • 手ごろな値段で、毎月子供の年齢にあった教材とおもちゃを届けてくれる
  • 子供が興味をもちやすい素材でモチベーションをあげてくれる
  • オプション教材も充実している
 
さんさん
0歳から始められるので、赤ちゃん期から算数脳を作れる!

体験して感じたこと

  • ゲーム感覚で学べるので、毎月子供が楽しみにしている
  • 期間内でやりきればプレゼント、など子供のやる気を引き出す工夫がある
  • チャレンジタッチでも紙の課題、紙教材でもゲーム機のような副教材がある

いまいちなポイント

  • 教材のレベルが教科書レベルなので、物足りない
  • 副教材が多く、メインレッスンが進まない
  • おもちゃや教材であふれる
教材のレベルが低いと中学受験に対応できないんじゃない?
 
小学校4年生から中学受験講座を選ぶことができます。また、1年生からでも中学受験をみすえた「考える力プラス講座」を追加で申し込むことで、早くから算数脳を育てることができます。
☆「考える力プラス講座」の料金☆
学年 12ヶ月一括払いの場合の月額料金 毎月払いの場合の月額料金
1年生 2,403円 2,530円
2年生 2,403円 2,530円
3年生 2,787円 2,933円
4年生 3,667円 3,859円
5年生 3,998円 4,208円
6年生 4,268円 4,493円

※通常の教材に加えて上記の料金が必要です。

副教材のゲームで遊んでばかりで勉強が進まないってことにならない?
副教材は、すべて勉強に役立つ内容です。チャレンジタッチの場合は、規定のメインレッスン修了後にゲームが解放され、遊べる回数も決まっているため、ゲームばかりに集中してしまう、ということにはなりません。
 
部屋が狭いので、おもちゃが増えるのは困るんだけど・・・
こどもちゃれんじのおもちゃは収納しやすいように工夫されています。進研ゼミ小学講座は、「チャレンジタッチ」をつかったタブレット教材なら、基本的に配信がメインなので、副教材は最小限になり場所をとりません。
 
本当に安いの?
教材の種類やボリューム感に比べると安く感じます。しかし、メインレッスンは副教材を利用しない場合、少し物足りない量となっています。その分、プラスアルファでできる教材もあるため、子供の達成感を得るためには十分でしょう。
 

☆こどもちゃれんじ料金☆

月齢12ヶ月一括払いの場合の月額料金毎月払い
0~1歳(こどもちゃれんじbaby)開始月齢により異なる2,074円
1~2歳(こどもちゃれんじぷち)1,980円2,379円
2~3歳(こどもちゃれんじぽけっと)1,980円2,379円
3~4歳(こどもちゃれんじほっぷ)1,980円2,379円
4~5歳(こどもちゃれんじすてっぷ)1,980円2,379円
5~6歳(こどもちゃれんじじゃんぷ)1,980円2,379円

☆進研ゼミ小学講座料金☆

学年12ヶ月一括払いの場合の月額料金毎月払い
1年生2,980円3,680円
2年生2,980円3,680円
3年生3,740円4,490円
4年生4,430円4,980円
5年生5,320円5,980円
6年生5,730円6,440円

3社の料金と開始年齢を比較

 
すうこ
結局何をどう選んだらいいのかわからないのよね~
 
 
さんさん
まずは、開始年齢と料金で比較してみるのがおすすめ。内容は試してみなきゃわからない!
 
開始年齢RISU算数Z会ベネッセ
0~3歳なしなし1,980円
年少なし1,870円1,980円
年中2,480円1,870円1,980円
年長2,480円2,431円1,980円
1年生5,460円4,301円2,980円(5,510円)
2年生5,460円4,675円2,980円(5,510円)
3年生5,460円5,442円3,740円(6,673円)
4年生5,460円6,378円4,430円(8,289円)
5年生5,460円(7,440円)8,888円5,320円(9,528円)
6年生5,460円(7,440円)9,118円5,730円(10,223円)

各通信教育によって特徴が違うので一概にはいえませんが、以下の条件で計算しました。

  • RISU算数は利用料込みの平均進度での月額で( )内は中学受験クラスに移行した場合の料金。
  • Z会とベネッセは12ヶ月一括払いの場合の月額料金。
  • Z会は、紙教材のハイレベルを選んだ場合の料金。
  • ベネッセの( )内は「考える力プラス講座」と両方受講する場合の料金。

Z会は算数のみの受講もできますし、ベネッセは「考える力プラス講座」のみの受講もできます。

また、RISU算数は学年関係ないので、月額は参考程度にしておいてください。

子供にどの通信教育が合うかわからないので、お試し利用をおすすめします。

RISU算数のお試しについて

RISU算数は、公式ホームページからの申し込みだと即契約になってしまいます。

下記リンクからお試しコード「egk07a」を入力して申し込むと、1,980円で1週間お試しができるので、ご利用ください。

\お試しはこちらから!/

「RISU算数」体験利用はこちら!

1週間のお試し期間を終え、継続を希望する場合は入会手続きをします。

お試し期間終了日時と継続の有無をメールでお知らせしてくれるので、「やっぱりキャンセルしたい」と思った場合でも安心です。

Z会のお試しについて

Z会は、年齢、学年別に無料でお試し教材を申し込むことができます。

Z会はかなりあっさりした対応で、資料請求してもダイレクトメールや電話がくることはほとんどありません。

ダイレクトメールを止めたい場合は、HPか発送されたハガキをつかって停止することができるので安心してください。

\無料資料請求はこちら!/

ベネッセのお試しについて

ベネッセもZ会同様、年齢、学年別に無料でお試し教材を申し込むことができます。

ベネッセは勧誘のダイレクトメールや、電話が時々あります。

しかし、ダイレクトメールの内容は子供が楽しめる付録がついていたり、電話は「お誕生日特別号」など、お得なときにかかってきます。

必要ない場合はHPか電話ですぐに停止できるので安心してください。

\無料資料請求はこちら!/

算数力アップにおすすめ通信教育まとめ

算数ができることで他の教科の理解度が増すといわれています。

算数に苦労しない分、伸び伸びと他の学習に打ち込める利点もあります。

 
さんさん
できれば幼児期から算数力を鍛えてあげたいですね。

高学年になって「急に中学受験をしたい」といいだしても、算数が得意なら間に合う可能性はあります。

今回紹介した通信教育は、実際にわが子が取り組んでプラスになると感じたものです。

  • RISU算数
  • Z会
  • ベネッセ

子供が「算数が楽しい」と思えるようにサポートしていきましょう。