【やりすぎ注意!】小学校入学前の5歳で到達したい算数のレベル

算数は小学校に入学してから勉強を始めるものとされてきましたが、幼稚園など未就学の段階で、簡単な算数を教える場面も見られるようになりました。

未就学児でも理解可能な算数を学んでおくと、日常生活で役に立つことがあります。

すうこ
就学前の5歳までに何を学んでおいたらいいかしら?
さんさん
5歳の段階では教えない方がいいこともあるわよ。

 

また、5歳の段階では教えるべきでないレベルの算数についても解説します。

未就学の段階で最低限必要なこと

「5歳までに最低限求められる算数のレベル」は以下の2点が挙げられます。

  • 1から10までの数を正確に数えられるようにする
  • 数の大小を理解し、大きい順・小さい順に並べられる

年長の子どもは10までの数字がわかっていると、日常生活で役に立つ場面があります。

もちろん、10を超える数の存在を理解できることも大切ですが、全て暗唱することまで要しません。

20や100など、なんとなく10より大きい数字があるという程度の認識で十分。

そして、1から10までの数字を使って順番を認識したり物の個数を数えられたりすることは不可欠です。

すうこ
10まででいいのかしら?
さんさん
10以上も知ってるといいけど、だいたいでOK!

 

抽象的な数字の理解だけでなく、実際に様々な物の個数や順番としてカウントできることが重要です。

また、数の大小を比較して大きい順や小さい順に並べられることも大切。

桁数が大きいほど数が大きいことを理解するだけでなく、同じ桁数でも大小の違いがわかることが求められます。

何よりも、ある数字がより小さい数の集合体であることを理解させるとその後の学習が楽になります。

数を分解し合成する思考を身につけることが、就学後の算数の学習に影響を及ぼすでしょう。

たとえば、3は1が3つ集まったものだとわかっていれば、それぞれの数字の関係性を理解できるので、その後学ぶ足し算や引き算の習得が容易になります。

 

すうこ
数の大小も確かに大事ね。どうやって学べばいいかしら?
さんさん
生活の中で自然に覚えるので心配しなくていいわ。

参考→【算数が得意なだけで得をする!】幼児期から始めたい!算数好きになる子育てとは?

できれば5歳の段階でここまでやっておこう

算数については、小学生で学ぶレベルの項目であっても、5歳という未就学の幼児の段階で習熟しておくことが望ましいポイントがあります。

  • 2桁から3桁の数字が読める
  • 時計を見てだいたい何時頃か言える
  • 面積や容積の概念がわかる

一つづつ説明していきましょう。

2桁から3桁の数字が読める

2桁の数字については、20から90まで1の位が0の数字だけ読めれば十分です。

同様に、3桁の数字も、100から900まで、1と10の位が0のものだけ認識できたら、それ以上細かい数字を読めることまで求める必要はありません。

さらに、1桁程度の簡単な足し算や引き算までできれば、理想的です。

未就学の児童にとって、数式は抵抗感を覚えることもあるため、押し付けにならないよう気を付けましょう。

時計を見てだいたい何時ごろか言える

時計を見てだいたい何時頃か言えるようになることも重要です。

デジタル時計を読むことから始め、アナログ時計を読む練習に移行すると、頭の中で時計の針を数字に変換する訓練ができます。

おやつなら3時頃、寝るのは8時頃といった程度の理解でも十分です。

可能なら、「今何時か?」という質問だけでなく、たとえば12時半といった児童にもわかりやすい時間にアナログの時計を見て「1時まであと何分?」といった問いかけをすることも数学的頭脳を発達させるうえで効果があります。

面積や容積の概念が理解できる

面積や容積の概念を理解させることも未就学児には可能で、日常生活で見かける物も広さや嵩を比べる能力を身につけられると良いでしょう。

さらに、三角形や円など物の形状を意識させることも、図形を学ぶ前提として大切です。

前後や上下といった位置関係についても、理解が進むと就学後に有利と言えるでしょう。

5歳の段階でこれはできなくてもよい

算数は、徐々に理解を進めていくことにより、習熟度が上がる科目なので、何でも一足飛びに学習すれば良いというものではありません。

  • 3桁以上の数を正確に数える
  • かけ算・わり算ができる
  • キロ・センチ・ミリなど単位がわかる
  • 正三角形と二等辺三角形の違いがわかる
  • 何時何分まで読める
すうこ
ここまでできたらすごいけど、やる必要ないってこと?
さんさん
子供が興味をもっている場合はいいけど、忘れてしまうことも多いので無理に教える必要はないですよ。

2桁や3桁の数が存在し、1桁と比べてどれくらい多いのかといった理解は役に立つものの、3桁の数まで正確に数えられなくても問題ありません。

また、簡単なたし算・ひき算を教えるのはいいですが、九九など小学校の暗唱事項を先取りすることは避けましょう。

単位や数え方については、1匹や1杯など日常生活で頻繁に利用するものだけで十分。

キロ・センチ・ミリの違いや、グラム・リットルなど細かい事項を覚えさせることは、過剰な負担になるだけでなく、小学校に入学した後忘れてしまって役に立たないケースが多いのです。

図形の認識についても、正三角形や正方形といった細かい類型まで覚えさせる必要はありません。

時計の読み方についても、何時何分という正確な時刻まで読めることまで求めることは行き過ぎです。

おおまかな時刻が読めれば十分であり、親にだいたいの時刻を教えてあげるという成功体験を積ませる程度で十分です。

アナログ時計の見方に関する小学生用のドリルがネットで提供されていますが、5歳の段階で取り組ませるのは早急であり、子どもが時計嫌いになるおそれもあります。

個々の子どもに合わせた算数の学習を進めよう

算数は、子どもによって得意不得意の差が大きく、苦手な子が小学校入学後にいきなりゼロからスタートすると困ることもあるでしょう。

5歳になる前にある程度習熟しておくと、本人が就学後に苦労せずに済みます。

ただし、算数嫌いにならないように、本人が楽しんで算数を学べることが最も重要だということを忘れないようにしましょう。

【塾に行くより安くつく!】自宅学習で算数が超得意になる!おすすめ通信教材3選